EXPLORE TOKYO

どんなシチュエーションでもふらっと寄って楽しめる駅構内の隠れ家

INTERVIEW

BERG
副店長 迫川尚子さん



ビア&コーヒー
〒160-0022 東京都 新宿区新宿3-3801 ルミネエスト新宿 B1
03-3226-1288
http://www.berg.jp/
 BERGはJR新宿駅東口改札を出て左に15秒のセルフサービスのビア&カフェです。1970年に喫茶店として始まり、1990年に2代目の私たちが大改装をして今の形になりました。喫茶店から始まったということもあり、コーヒーを主軸として、そこに新宿駅構内という好立地を踏まえ、ビア&カフェとして、低価格、高回転のセルフサービスのファストフードに、可能性を見出して業態変更しました。今年の7月25日にはお陰様で28周年を迎え、店の壁はミニギャラリーとして、月替わりで写真や絵画など作家の作品を展示しています。今は社員が12人、スタッフも含めると40人くらいの大所帯になります。ベルク通信という月刊新聞を自主発行し、Tシャツやトートバッグやマグカップなどのオリジナルグッズの販売もしているんです。
 店は年に3日の駅ビルの休み以外は、年中無休で営業しています。そして基本的には全てのメニューをどの時間帯でも楽しめます。朝からビールも飲めますし、夜にケーキを食べることもできます。当初はサラリーマンやOL向けに始めたのですが、今では様々な職種、世代、国籍の方がいらしてくださいます。こういうスタイルに外国の方は慣れているので、言葉が分からなくても大丈夫です。多種多様な人が集まる、そんなところが新宿らしいですね。
 28年間も店をやっていると、学生時代から通ってくださっているお客様が、お子さんを連れていらしたり、またその子どもたちが大きくなっていらしたり。長い期間での常連さんもいらっしゃいます。それも不思議な感覚です。新宿という変化の場所にありながらも、人と人とのつながりがしっかりとあるんです。偶然に入ってくださるお客様もいれば、常連さんが新しいお客様を連れてきてくださることもあります。最近ではSNSを通じてベルクを見つけてくださるお客様も増えています。新宿はお店の移り変わりも激しいですが、地域に根付いた歴史があるお店も実はたくさんあるので、何かのきっかけでふらっと立ち寄ってほしいですね。